海外でもインターネットをすることができる時代

現在では、海外に行っても自由にインターネットをすることができる時代です。
しかし、問題がまったくないわけではありません。
例えば、ネット接続の仕組みが日本国内とは勝手が違うとか、wifiスポットがどこにでもあるとは限らないとか、国際ローミングサービスを間違ってONにしてしまい、そのせいで後から高額な電話代を請求されるということもあります。
こうした問題はいずれも海外特有のものですが、実はこれを解決できるサービスが一つあります。
それは、海外でのポケットwifiサービスです。
日本でポケットwifiサービスを使っている人はすでに多くいますが、これをそのまま海外でも使えるようにしたのが、海外ポケットwifiサービスです。

その仕組みは、日本を出るときに空港カウンターでwifiルーターを受け取り、海外で使用したのち、帰国して再び空港カウンターに機器を返還するというものです。
料金は各社で提供されるサービスごとにいろいろな設定がありますが、レンタル1日定額○○円とか、世界200以上のエリア対応1日定額○円、ハワイ専用ポケットwifiルーター1日定額○円など、いろいろなものがあります。
これはいずれもレンタルですが、日本企業が提供するレンタルポケットwifiを使えば、海外でも不便なく使うことができ、定額なので高額な電話代請求に悩まされることもありません。
もちろん定額とはいっても接続は無制限ですから、何時間でも時間を気にすることなくインターネットを使い続けることができます。

レンタルポケットwifiの使い方

レンタルポケットwifiは使い方が難しいんじゃ・・と思われる方もおられるかもしれませんが、まったくそんなことはりません。
実際に利用してみればわかりますが、ルーターを受け取ったら、それを端末に繋いでONに、あとはパスワードを入力するだけです。
他に難しい設定作業などはなく、繋いでONしてパスワードを入力するだけで、すぐに海外でもインターネットに接続することができます。

ただし、空港カウンターでルーターを受け取るときの受渡手数料、レンタル機器を自宅や会社から返却する場合の配送料などは、いずれも自己負担しなければなりません。
あと注意しておきたいのはwifiルーターのバッテリーの容量です。
少ししか使わない場合は大丈夫ですが、数時間以上連続で使用する場合は、バッテリーが切れないように充電器をレンタルしておく必要があります。
こうした点を除けば、海外でのポケットwifiサービスはとても便利で素晴らしいものです。